ICPO総裁 辞任を強いた中国の非常識

読売新聞 / 2018年10月17日 6時0分

自国が派遣した国際機関のトップを唐突に拘束し、辞任させる。国際社会での責任や人権を 蔑 ( ないがし ) ろにする中国の強権的な統治の象徴と言えよう。 中国出身の孟宏偉・国際刑事警察機構(ICPO)総裁が先月下旬、一時帰国後に消息不明となった。中国当局は当初、ICPOの照会に応じず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング