地面師詐欺、交渉に弁護士同席…信用させる狙い

読売新聞 / 2018年10月19日 6時0分

大手住宅メーカー「積水ハウス」が東京都品川区の土地取引で約55億円の詐欺被害に遭った事件で、地面師グループが、交渉の場に複数の弁護士を同席させていたことが捜査関係者などへの取材でわかった。弁護士は地面師だと知らなかったという。警視庁は、交渉相手を信用させるためだったとみている。 捜査関係者によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング