サウジ総領事館、監視カメラに皇太子の「護衛」

読売新聞 / 2018年10月19日 18時29分

【カイロ=倉茂由美子、ワシントン=黒見周平】トルコのサウジアラビア総領事館でサウジ人の反政府記者ジャマル・カショギ氏が殺害された疑惑で、トルコ地元紙サバハは18日、サウジのムハンマド皇太子の護衛担当とみられる男性が、カショギ氏が消息を絶った2日に総領事館や総領事公邸を訪れていたと報じた。男性が監視カメラの映像に映っており、ムハンマド皇太子が事件に関与している可能性が高まった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング