保育所あえて「落選狙い」…育休延長目的で横行

読売新聞 / 2018年10月21日 7時5分

育児休業を延長するため、入所倍率の高い保育所に申し込み、あえて「落選」を狙う保護者が増えている。延長手続きに「落選通知」が必要なためだが、本当に保育所に子どもを入れたい保護者が利用できなくなる事態が生じているため、厚生労働省は手続きを見直すことを決めた。申し込み段階で保護者の意向を確認し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング