「中国無人機は素晴らしい」アフリカや中東絶賛

読売新聞 / 2018年11月9日 17時26分

中国広東省珠海で開催中の「第12回中国国際航空宇宙博覧会」で、中国が国産軍用無人機の売り込みで攻勢をかけている。輸出を厳しく制限する米国を尻目に、中東やアフリカで影響力を強めそうだ。 今年は過去最多の無人機が出展された。開発中の最新鋭ステルス無人偵察・攻撃機「彩虹(CH)7」の実物大モデルが初公開され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング