都営バス全運転手、脳MRI検査義務化…配転も

読売新聞 / 2018年11月13日 20時31分

東京都は、国土交通省が今年2月に策定した「自動車運送事業者における脳血管疾患対策ガイドライン」に基づき、都営バスの全運転手約2100人に、MRI(磁気共鳴画像装置)を使った脳検査を義務付けることを決めた。 検査は高齢の運転手優先で今年度から段階的に開始。40歳以上はその後も3年に1度の検査を義務付ける。異常が見つかれば精密検査を受けてもらい、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング