危険ウイルス輸入に憤り「住民の気持ち考えて」

読売新聞 / 2018年11月16日 12時47分

エボラウイルスなど危険な病原体の輸入が検討されている国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)。15日に開かれた地元住民らとの連絡協議会では、安全管理の徹底や、十分な説明を求める声が上がった。 同庁舎で開かれた協議会には、厚生労働省や感染研、同市や住民代表ら約20人が出席。感染研は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング