ゴーン会長逮捕 権力集中が不正を招いたのか

読売新聞 / 2018年11月21日 6時12分

◆日産はガバナンスの再構築急げ◆ カリスマ経営者のまさかの失墜である。世界2位の巨大自動車グループの先行きには、不透明感が増したと言えよう。 東京地検特捜部が、日産自動車代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕した。日産は22日の取締役会に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング