全ヘルパー退職、老人ホームで1か月に6人死亡

読売新聞 / 2018年11月21日 13時43分

鹿児島県鹿屋市の住宅型有料老人ホーム「風の舞」(定員55人)で、今月中旬までの約1か月間に入居者6人が相次いで死亡していたことが分かった。県は老人福祉法に基づき立ち入り検査を行い、施設が適切に運営されていたかどうか調べている。 同施設によると、死亡したのは全員女性で85~97歳。死因は2人が老衰で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング