大会後に体調不良、ランナーら100人食中毒か

読売新聞 / 2018年11月21日 15時10分

和歌山県新宮市などで18日に行われた「第7回新宮・那智勝浦天空ハーフマラソン大会」の終了後、ランナーや関係者ら約100人が腹痛や 嘔吐 ( おうと ) などの体調不良を保健所や市に訴えていたことがわかった。県は、食中毒の可能性があるとみて調査を始めた。大半が軽症とみられるという。 大会は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング