女子選手、鉄剤注射を悔やむ「高校時代は無知」

読売新聞 / 2018年12月9日 15時18分

高校駅伝強豪校の一部で、選手生命を奪いかねない鉄剤注射が不適切に使われていた。日本陸上競技連盟が2016年4月、鉄剤注射を使わないよう警告を出す前に卒業した女子選手2人が、取材に対し、高校時代の使用実態を証言した。2人とも指導者の指示で注射を続け、高校時代は好成績を上げたが、卒業後は記録が伸びず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング