新幹線4時間半ストップ、変電所の油漏れ原因か

読売新聞 / 2018年12月10日 10時25分

9日午前9時頃、北陸新幹線の軽井沢―長野駅間の架線で停電が発生し、東京―長野駅間の上下線で一時運転を見合わせた。約4時間半後に再開したが、同新幹線は上下線計19本が運休。東北、上越新幹線なども含め計122本が最大約4時間20分遅れ、約9万1700人に影響した。 JR東日本によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング