店舗の破壊や略奪も相次ぐ、沈静化しない仏デモ

読売新聞 / 2018年12月10日 11時11分

【パリ=作田総輝】フランス内務省は9日、燃料税引き上げやマクロン政権に反発して8日起こったデモについて、治安部隊との衝突などで、全国で260人以上が負傷し、1700人以上を拘束したと発表した。11月中旬から始まった一連のデモでの拘束者としては最多となった。マクロン大統領は10日夜にテレビ演説し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング