いじめ加害者と担任誤解、不適切指導で中1自殺

読売新聞 / 2018年12月10日 11時40分

2015年11月、鹿児島県奄美市の市立中学1年の男子生徒(当時13歳)が自殺し、原因などを調べていた同市の第三者調査委員会は9日、報告書を提出した。生徒をいじめの加害者と思い込んだ男性担任教諭が不適切な指導を行ったため、生徒が自殺に追い込まれたと認定した。また、学校側の事後対応が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング