露より中国が脅威、米国務長官「疑う余地ない」

読売新聞 / 2018年12月11日 18時10分

【ワシントン=大木聖馬】米国のポンペオ国務長官は10日、米ラジオ局との電話インタビューで、貿易や安全保障などの分野で対立が深まっている中国について、「中・長期的に米国が直面する最大の脅威だ」と述べ、強い警戒感を示した。 ポンペオ氏は、中国が衛星や極超音速兵器、人工知能(AI)の分野で能力向上を進め、「軍が中国の領土内だけでなく、遠征して作戦行動ができるように能力構築を続けている」との認識を示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング