たこ焼き販売で脱税1・3億円、有罪判決

読売新聞 / 2018年12月12日 15時16分

大阪城公園内でたこ焼きなどを販売する売店「宮本茶屋」の売り上げを申告せず、約1億3200万円を脱税したとして所得税法違反に問われた経営者の宇都宮タツ子被告(72)に対し、大阪地裁(増田啓祐裁判長)は12日、懲役1年、執行猶予3年、罰金2600万円(求刑・懲役1年、罰金3900万円)を言い渡した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング