独仏首脳の姿なし、COP会合リーダー役不在

読売新聞 / 2018年12月13日 13時22分

【カトビツェ(ポーランド南部)=蒔田一彦】2020年以降の温暖化対策を定めた「パリ協定」の実施指針について話し合う国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)は11日、閣僚級会合が始まった。各国の首脳や閣僚らが演説を行ったが、けん引役となるはずの独、仏を始め、主要国の首脳の参加はない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング