留置場の警官、アダルト動画閲覧で逃走気づかず

読売新聞 / 2018年12月13日 22時15分

大阪府警富田林署から8月に樋田淳也被告(30)(起訴)が逃走した事件で、当時、留置場で勤務していた男性巡査部長(42)が、私物のスマートフォンでアダルト動画を見ていたことがわかった。 府警によると、樋田被告が逃走したのは8月12日午後8時頃で、警察官には立ち会いが認められない弁護士との接見終了後。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング