JT(日本たばこ産業)は2018年12月13日、1965年から54年間にわたり毎年続けてきた「全国たばこ喫煙者率調査」を、2018年の調査をもって終了すると発表した。理由は、正確さを期すために調査に住民基本台帳を使ってきたが、個人情報保護の観点から、自治体によっては企業による閲覧を制限するところが出てきたため、データの信頼性を維持することが難しくなってきたからだという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング