韓国挺身隊訴訟、2審も三菱重工業に賠償命令

読売新聞 / 2018年12月14日 14時26分

【光州(韓国南西部)=水野祥】第2次世界大戦中に「女子勤労 挺身 ( ていしん ) 隊」の一員として名古屋の飛行機工場に動員された韓国人女性と元隊員の親族計2人が三菱重工業を相手取り損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、 光州 ( クァンジュ ) 地裁は14日午後、2人に計約1億2300万ウォン(約1240万円)の支払いを命じた1審判決を支持し、三菱重工業の控訴を棄却した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング