パワハラを定義「人格傷つける許されない行為」

読売新聞 / 2018年12月14日 18時7分

厚生労働相の諮問機関・労働政策審議会の分科会は14日、職場でのパワーハラスメントについて、企業の防止対策を法律で義務づけることが適当とする報告書をまとめた。相談窓口の設置などの対策が想定されており、厚労省は来年の通常国会で、雇用施策推進法の改正案を提出する方針。 現状では、セクハラは男女雇用機会均等法で企業の防止対策が義務づけられているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング