粛々と処理したのに…米中板挟みに苦しむカナダ

読売新聞 / 2018年12月14日 21時6分

【ニューヨーク=橋本潤也】カナダのトルドー政権が、中国の通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の 孟晩舟 ( モンワンジョウ ) ・最高財務責任者(CFO)(46)を米国の要請に基づき拘束したことをきっかけに、米中両国の間で板挟みとなり、対応に苦慮している。あくまで司法手続きに沿って対応したカナダだが、中国の強烈な反発を受けると同時にトランプ米大統領の発言にも振り回されている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング