「5G」開設指針、ファーウェイなど事実上排除

読売新聞 / 2018年12月14日 22時8分

総務相の諮問機関である電波監理審議会は14日、次世代通信規格「5G」の電波を割り当てる条件を示した総務省の指針案を妥当と判断した。指針案には、「安全保障上の懸念」がある企業を排除するとした政府の調達方針に「留意」するよう明記されている。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品を事実上、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング