高木菜V、佐藤3位…W杯女子マススタート

読売新聞 / 2018年12月16日 23時50分

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦は16日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子1000メートルで 平昌 ( ピョンチャン ) 五輪銅メダルの高木美帆(日体大助手)が1分13秒93で2位に入った。優勝は1分13秒24のブリタニー・ボウ(米)で、同五輪銀メダルの小平奈緒(相沢病院)は5位、辻麻希(開西病院)は14位だった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング