中国ハッカー集団か、米海軍の兵器データ盗む

読売新聞 / 2018年12月17日 9時23分

【ワシントン=大木聖馬】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は14日、複数の米政府当局者や専門家らの話として、中国のハッカー集団が、米海軍の兵器や装備品などを扱う請負業者らを対象にサイバー攻撃を仕掛け、艦船に搭載する兵器などのデータを盗んでいたと伝えた。 請負業者らはこの1年間でサイバー攻撃を多数受けており、潜水艦に配備する超音速対艦ミサイルの開発計画など、最先端兵器技術に関する機密性の高い情報が盗まれたとみられる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング