インフル治療新薬「ゾフルーザ」服用1回で効く

読売新聞 / 2018年12月17日 11時29分

インフルエンザが全国的な流行期に入った。製薬各社は治療薬の開発競争を繰り広げており、粉を吸入するタイプや点滴薬に加え、今年は錠剤を1回飲むだけの新薬も登場した。治療薬の選択肢は広がっている。 12月上旬、大阪府大東市の「水野クリニック」。近隣の小学校がインフルエンザで学級閉鎖されたこともあり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング