ポルシェ200キロ暴走、危険運転で医師追送検

読売新聞 / 2018年12月17日 15時9分

兵庫県尼崎市の阪神高速で11月、時速約200キロで暴走するポルシェに追突されたトラックの運転手が死亡した事故で、県警は17日、ポルシェを運転していた同県芦屋市の医師、久保田秀哉容疑者(50)を自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死)容疑で追送検した。久保田容疑者は「70キロぐらいで走行していた」と否認しているという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング