ソフトバンク上場、初値は売り出し価格下回る

読売新聞 / 2018年12月19日 9時21分

携帯電話大手ソフトバンクが19日、東京証券取引所1部に株式を上場した。初値は1463円で、売り出し価格の1500円を下回った。売り出し価格を基にした調達金額は約2兆6000億円で、1987年のNTTの約2兆2000億円を上回り、国内では過去最大になった。 親会社のソフトバンクグループが保有するソフトバンク株の約4割を売却した。株式を保有することで得られる配当利回りが高く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング