マグロ目当て?尖閣領海に台湾船急増…警告3倍

読売新聞 / 2018年12月19日 10時16分

尖閣諸島(沖縄県)周辺の領海で今年、台湾漁船の侵入が急増し、海上保安庁が退去警告を出した数が前年の3倍超の310隻に上ったことがわかった。周辺海域でのマグロの豊漁が背景にあるとみられ、外務省は外交ルートを通じて台湾側に抗議している。 尖閣周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング