写真

東映公式サイトに掲載されたお詫び文

俳優・斎藤工さんが主演の映画『麻雀放浪記2020』で、虚偽の宣伝をしていたとして、配給元の東映は2018年12月17日、公式サイトで「軽率で行き過ぎた行為」だったと謝罪した。宣伝文で「映画祭の名誉を著しく傷付ける記述」があったという。 「ド派手な映画を上映しようという夢が叶わなかった」 阿佐田哲也氏のベストセラー小説『麻雀放浪記』を映画化し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング