ゴーン被告が「突然払えと指示」選択の余地なし

読売新聞 / 2019年1月12日 7時20分

会社法違反(特別背任)などで11日に追起訴された日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)は、個人的な投資を巡る信用保証に協力してもらったサウジアラビアの実業家に対し、日産の「機密費」を不正に支出したとされる。支出に関わった複数の日産関係者は取材に対し、「ビジネスには一切関係なく、不要な支出だった」と証言した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング