高梨沙羅 3年ぶり地元Vへ予選2位通過も自分に辛口「理想とは程遠い」

スポーツ報知 / 2019年1月11日 19時33分

スキージャンプ女子W杯札幌大会(12~13日、札幌・大倉山ジャンプ競技場=HS137メートル)の予選が11日行われ、18年平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)は119・5メートルを飛び、121・0点で2位通過した。首位だった平昌五輪女王のマーレン・ルンビ(ノルウェー)とは16・2点差。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング