原巨人の「補強策」に矛盾あり ベテラン続々獲得も、内海・長野はプロテクト漏れ

J-CASTニュース / 2019年1月11日 7時0分

第3次原政権の補強策が批判の的になっている。今オフ巨人はFA(フリーエージェント)で、炭谷銀仁朗捕手(31)と丸佳浩外野手(29)を獲得。FA以外では、岩隈久志投手(37)、中島宏之内野手(36)、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)、ライアン・クック投手(31)の獲得に成功したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング