米に怒り「戦争のまっただ中にいる」中露へ接近

読売新聞 / 2019年1月12日 8時13分

【リオデジャネイロ=田口直樹】独裁色を強める南米ベネズエラのマドゥロ大統領が10日、2期目(2019~25年)をスタートさせた。米国などによる非難に反発し、中国やロシアと関係強化を図る中、深刻な経済危機を改善できる見通しは立たない。国外に脱出する国民が増えるなど混乱が広がっている。 米国に怒り 「ベネズエラは米国などの帝国主義によって仕掛けられた戦争のまっただ中にいる」。マドゥロ氏は10日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング