都営バス、路肩に突っ込み電柱衝突…6人けが

読売新聞 / 2019年1月12日 20時56分

12日午前9時20分頃、東京都北区豊島の都道で、都営バスが中央線を越えて対向車線の路肩に突っ込み、ガードレールや電柱を倒して停止した。 乗客約10人のうち20~70歳代の男女4人が額を切るなどしたほか、近くのバス停にいた50歳代の女性が腰を強く打って病院に搬送された。バスの40歳代の男性運転手も手にけがをして搬送されたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング