ロシア外務省が声明「北方領土の露主権認めよ」

読売新聞 / 2019年1月12日 22時24分

【モスクワ=工藤武人】ロシア外務省は11日、モスクワで14日に開かれる日露外相会談に先立ち、声明を発表した。日露平和条約交渉に関し「南クリル諸島(北方領土)のロシアの主権を含め、第2次大戦の結果を日本が完全に認めることが問題解決の主要な条件になる」と主張し、改めて日本をけん制した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング