「本麒麟」好調なのに... キリンHDの株価は何故さえないのか

J-CASTニュース / 2019年1月12日 21時0分

2018年、ビール系新商品として最大のヒットとなったのが、第3のビール「本麒麟」だ。3月の発売以降、12月中旬までに3億本を販売、「こだわり」ある味わいが消費者から好評を得ている。ところがその「本麒麟」を手掛けるキリンホールディングス(HD)の株価は、低落傾向を抜け出せずにいる。株式市場全体が弱気モードにある中ではあるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング