「市民に自衛権」ブラジル大統領、銃規制を緩和

読売新聞 / 2019年1月16日 21時50分

【リオデジャネイロ=田口直樹】ブラジルのボルソナロ大統領は15日、多発する銃犯罪の抑止につながるとして、銃の所有条件を緩和する大統領令に署名した。昨年の大統領選で銃規制の緩和を公約に掲げていたボルソナロ氏は「市民に自衛権を保障する」と強調した。 大統領令は、殺人事件の被害者が人口10万人あたり10人を超える都市部や農村部の住人で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング