韓国籍持つ高1にヘイト投稿、侮辱罪で略式命令

読売新聞 / 2019年1月17日 9時57分

インターネット上で、日本と韓国の両国籍を持つ川崎市の高校1年の男子生徒(16)にヘイトスピーチ(憎悪表現)を繰り返したとして、大分市の男(66)が昨年12月に侮辱罪で略式起訴され、川崎簡裁から科料9000円の略式命令を受けていたことがわかった。生徒の弁護団が16日、東京都内で記者会見して明らかにした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング