口永良部島が噴火、噴煙6千m…火砕流・噴石も

読売新聞 / 2019年1月17日 10時40分

気象庁によると、鹿児島県屋久島町の 口永良部 ( くちのえらぶ ) 島・新岳で17日午前9時19分頃、噴火が発生した。噴火に伴う火砕流が新岳火口から南西側と北西側に約1・5キロ・メートル流下したが、集落には達していないという。 また、大きな噴石が火口から約1キロ・メートル飛散した。午前9時40分には6000メートルの噴煙が気象衛星画像で確認された。 気象庁は今後も同規模の噴火が発生する可能性があるとして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング