原監督の若手起用アピールに潜む危険 紅白戦前倒しで「潰れかねない」

J-CASTニュース / 2019年1月17日 15時13分

巨人は2019年1月16日、春季キャンプ3日目の2月3日に紅白戦を開催することを決めた。原辰徳監督(60)の強い意向が反映されたもので、1軍の若手選手と2軍の若手選手によるサバイバルマッチとなる。過去の原政権でも例を見ないキャンプ3日目の「実践」に関係者やファンから「若手が潰れかねない」との声が上がっている。 1軍入りを目指す若手選手にとって2・3紅白戦は事実上の一発勝負となる。キャンプ第2クールの10日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング