2002年の足立区強盗殺人、近所の男を逮捕へ

読売新聞 / 2019年1月21日 7時15分

東京都足立区のアパートで2002年12月、住人の会社員成嶋健太郎さん(当時23歳)が殺害され、財布などが奪われた強盗殺人事件で、現場から採取された指紋と、当時近所に住んでいた男の指紋が一致したことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は男が事件に関与したと断定し、21日にも強盗殺人容疑で逮捕状を請求する方針を固めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング