東京医大への出願激減、昨年の3分の1程度か

読売新聞 / 2019年1月21日 7時23分

医学部の不正入試問題で、女子や浪人生への差別が最初に発覚した東京医科大(東京)の医学科一般入試の志願者数が、昨年の3分の1程度に落ち込む可能性のあることが同大関係者の話でわかった。文部科学省から不適切などと指摘された他大学の一般入試でも、志願者数が低調な傾向にあり、一連の問題によるイメージ低下などが影響している可能性がある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング