音声は「実態の分からない機械音」…韓国国防省

読売新聞 / 2019年1月21日 22時33分

【ソウル=水野祥】日本の防衛省が発表した最終見解に対し、韓国国防省の 崔賢洙 ( チェヒョンス ) 報道官は21日夜、「根拠資料を提示せず電磁波の接触音だけを公開した後、事実関係の検証のための両国間の協議を中断するとしたことに深い遺憾を表明する」との声明を発表した。 崔氏はこの中で、日本側が示したレーダー感知時の音声について「実態の分からない機械音」と主張。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング