「ひげ」は不潔&威圧的? 裁判所の見解に「ひげ団体」が物申す

J-CASTニュース / 2019年1月21日 7時0分

大阪市営地下鉄(現・大阪メトロ)の男性運転士2人が、ひげを禁止する内規に従わず不当な人事考課を受けたとして、慰謝料などを求めた「ひげ訴訟」が注目を集めている。各報道によれば、大阪地裁は2019年1月16日、大阪市に計44万円の支払いを命じたが、内藤裕之裁判長は「ひげは清潔感を欠くとか威圧的印象を与えるなど、社会で広く肯定的に受け入れられているとまでいえない」と内規に一定の合理性も認めている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング