露、硬軟織り交ぜ実利狙う…領土問題先送りも

読売新聞 / 2019年1月23日 9時29分

【モスクワ=畑武尊】ロシアのプーチン大統領は日露首脳会談後の共同記者発表で、日露間で進める具体的な事業名を挙げながら、「両国の潜在力は十分活用されていない」と強調した。プーチン氏の狙いは、領土問題の決着を先送りし、平和条約締結を優先させ、日本から経済協力を引き出すことだ。 首脳会談を控え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング