高校の理科室、ホルマリン漬け「人の脳」標本

読売新聞 / 2019年1月23日 9時56分

佐賀県内の県立3高校の理科室に、人の脳と頭蓋骨の標本計3点が保管されていたことが同県教委への取材でわかった。 県教委によると、脳の標本があったのは 三養基 ( みやき ) 高(みやき町)で、ホルマリン漬けで室内の棚に陳列されていた。生徒の目に触れる状態だったが、近年は授業で使われたことはないという。頭蓋骨が見つかったのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング