写真

日本の哨戒機は本当に「威嚇飛行」をしたのか(写真は海上自衛隊ウェブサイトから)

あいまいな形でレーダー照射事案が幕引きされようとする中、日韓に新たな懸案だ。韓国国防省が2019年1月23日、日本の哨戒機が東シナ海で韓国海軍の艦艇に対して、低空で接近する「威嚇飛行」をしたと主張しているためだ。韓国側は高度が約60~70メートルだったとする一方で、日本側は「高度150メートル以上を確保」しており問題ないと反論している。韓国メディアは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング