【中日】松坂の診断は右肩炎症 ファンと接触で痛める

スポーツ報知 / 2019年2月12日 16時6分

中日は12日、松坂大輔投手(38)が沖縄県内の病院で検査を受け、右肩の炎症と診断されたと発表した。検査後の昼前に沖縄・北谷球場に姿を見せたものの、ウェートルームにこもり、屋外では練習しなかった。そのまま多くを語ることなく、滞在約3時間で球場を後にした。松坂は数日前に北谷球場のサブグラウンド付近でファンとタッチを交わした際に右腕を引っ張られたような形となり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング