「球数制限より、まず登板間隔」 元甲子園優勝投手が語る「率直な心境」

J-CASTニュース / 2019年2月22日 16時13分

高校野球の球数制限問題が大きな波紋を呼んでいる。新潟県高等学校野球連盟(新潟高野連)が今春の春季大会で投手の投球数を1試合100球に制限することに関して、日本高等学校野球連盟(日本高野連)は2019年2月20日、新潟高野連に対して再考を申し入れることを決定。高校生投手の投球過多による肩の酷使が問題視されるなか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング